大学開講を1日前、恩田陸の長編小説「蜜蜂と遠雷」を読む始めた。
この作品をしたのはただの偶然だ。前に読んだある小説でピアノの音の世界を本当に美しく表現したので、今回もかなり期待しながら小説を読んだ。
しかし、「蜜蜂と遠雷」は私の期待をとても軽く乗り越えてしまた。本を読む間、私は実際にピアノコンクール現場に立っているように感じた。ピアノを練習するピアニストの真相風景が目の前にイメージできた。

꿀벌과 천둥

私は下手くそでもピアノを学ぶから?ただ、作家の表現がとてもレーベルが高くって?
その答えははっきりできないが、ひとつは明らかに言える。恩田陸の「蜜蜂と遠雷」は読まないと後悔する小説であること。
もし、私がこの小説を会えなかったら、いーえ、私はこの小説を会うのは必然的なことだと思う。
韓国で発売してからかなり時間が過ぎたが、やっと小説を読むことができた。9月になって私の一番幸せなことは、多分、この小説を会ったことであるはずだ。